So-net無料ブログ作成
2013.5月イギリス ドライブ ブログトップ

5月21日CityJetでロンドンへ [2013.5月イギリス ドライブ]

5月21日
  ロンドン行きのcityjetは1時40分出発、今日はこの1便のみもしトラブルが有ったらどうなるのだろう。
今時オーバー・ブッキングなどと思ったが時間の短縮にもなるのでチェックインはネット上で済ましておいた。
 飛行場に行く迄少し時間があるので早起きしてアカデミアのロダン像を一目見てみようと決断、その昔我々が見た時はリニューアル中で足場がすこし目障りでした。

  朝食のセッティング可愛げな感じ
  CIMG1956.jpg

  このパン美味しい
  CIMG1957.jpg

 たどり着く迄歩いて15分くらい、時間は8時半位、着いて見てびっくり延々長だの列、休み明け月曜のせいかな?
  
  CIMG1958.jpg
  CIMG1959.jpg
  CIMG1960.jpg
  
一番長いのが・・当日券購入者の列
次が・・・・・・団体の列みたい
比較的的短いのが・事前予約の人たち
  これでは11時にホテルに戻れるかしら?戻らないと飛行機に乗れない恐れも。
ホテルのチェックアウトはまだ済んでいないので、妻を残して列に並んでもらい私が歩いて戻りチェックアウトの処理を済ましておく事に。 
  ホテルのカウンターの人が慣れない人でチェックアウトの処理に時間がかかる、済ましに来てよかった荷物は預かってもらう。
  急いで又列迄戻るが未だ1/3位進んだだけ
見てると事前予約の列はさっきより伸びているのだが進むのは我々より早い、
気がつくと不思議な光景、若い女の子が身分証は着いているようだが丁度ダフ屋の様にチケットの様な物を売り込んでいる20ユーロと看板が胸に。
もしかしてと思って声をかけると当日のチケットが20ユーロで買え事前予約の列にならべるそうです、その時点で入館迄15分と言うのでイチカバチか買ってみた。
  どうもチケットの表記は15ユーロです、差額が5ユーロと言う訳です、これがあの若い女の子の取り分かな。
  しかしどうも時間が足りなくなりそう、又イチカバチかスーツ姿の若い職員に飛行機に乗るのに時間がないのだが、チケットが有るのだが入れてもらえないだろうか?と聞いた処予想通り断られる。
  その時目の前の当日券の列が人数(10人位)を数えながらチケット売り場に誘導される、あの青年が目の前に、先程断られたので目が合った時顔(顔のみ、表情だけです)で懇願すると、そこで奇跡が!!我々にロープをあげて入れと指示してくれた、周りの方々に後ろめたさを感じながら無事入る事が出来た、短い時間だったがオリジナルのすばらしさに。
  
  ホテルに帰ると何時ものベテランの女の人(右側)が出勤して来ていた如才なく気の利く人です、さよならをを告げ荷物を持ち出す、便利なのでまた利用するかも
  CIMG1962.jpg

  美術館の往復で気になった壁、装飾か?

  CIMG1961.jpg
  拡大するとお札に見える?
  CIMG19612.jpg

  

 フィレンツエを発つと機内ではサンドウイッチが出された美味しい
  
  CIMG1963.jpg
  CIMG1964.jpg

  食後にバケットに入ったチョコレートを目の前にデザートです

  CIMG1554.jpg
  惜しげも無く幾つでもOKだそうです、はっきり言ってこの価格サーチャージ込みで1万少々のそれも片道切符でサービス満点ですね!


  ロンドンには2時間位遅れて到着City空港小さい空港です。
入国審査で何かと聞いてくるパリ経由フィレンツからそして日本人が入国のせいかな?
  予定よりかなり遅れてレンタカーを借りる、ハーツはパーキングが一番遠い、GPS TomTomが思うように動かない、予定の環状線でなく市内を抜ける事になってしまった、行けども行けども渋滞、又渋滞もの凄い渋滞、高速にたどり着くまで悲惨、こちらの高速はタダみたい。
  高速から出てから田舎道を延々と走る時間は夜の9時過ぎる未だ明るいので救われる、宿は見つかるか、チェックインは出来るか?夕飯は食べられるか?など等。

  チッピングカムデンにたどり着く。
  SDIM2340.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2346.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2337.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
ホテルでは遅いのに親切に迎えてくれたし、キッチンが閉まるから夕食を取るならと急いでメユーだけ決めといて部屋に。
旅籠屋の用な雰囲気、BARで若い女の客、地元らしいお客さん達、ラウンジでは大学生風の若い人たちが賑やか、ホテル内にCAFEが有りケーキも販売、夜遅かったが寂しく無かった。

  夕食です
  CIMG1966.jpg
  CIMG1967.jpg
  CIMG1968.jpg

  バス付きの部屋にしてよかった疲れが取れる。
  CIMG1965.jpg

寝るのが12時過ぎてしまった。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月22日チッピングカムデンを出る [2013.5月イギリス ドライブ]

5月22日
  昨夜は寝たのが遅かったけど意外に早く目が覚める
  部屋から見たレストランの部屋
  CIMG1969.jpg
  CIMG1970.jpg
  古い電話機が
  CIMG1971.jpg
  朝食ビユッフェ ローカルな朝食をオーダーする事も出来ます
  CIMG1973.jpg
  カフェ、ケーキが並ぶ
  CIMG1976.jpg
  外部からも利用出来るみたいです
  CIMG1975.jpg

  チッピングカムデンを出てシェークスピアの生家の有るストラトフォード・アポン・エイヴォンに向かう緑の中の田園風景の道を進むがこのコースはメインストリートから外れていてGPS無しでは難しいかも。
  いつの間にか市内に入っていた、頑丈そうな黒い木組みの白壁の年代を感じさせる家並みがとても魅力的。
  SDIM2355.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2356.jpg 
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2350.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2349.jpg

  市内は観光地らしい飲食店、雑貨店等が並ぶ、
  SDIM2366.jpg
 カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2361.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
SDIM2364.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
生家はチッケトを買ってミュージアムから入る
  CIMG1978.jpg
 
中は幾つかの部屋に分かれビデオを見終わると次の部屋のドアが自動で開き又ビデオを見て次の部屋に
  CIMG1980.jpg
  CIMG1981.jpg
  CIMG1982.jpg
最後に生家の見学そして当時の衣装を着た男女で寸劇が演じられる。
  CIMG1986.jpg
  CIMG1987.jpg
  CIMG1988.jpg

  個人所有のガーデンKiftsgate Court Gardensに向かう
GPSで意外に簡単にたどり着けた
  CIMG1991.jpg
  CIMG1992.jpg
 
  CIMG1996.jpg
  CIMG1997.jpg
1920年に現オーナーの祖母ヘザー・ミュアニーに依って作られたガーデンだそうです、現在のオーナー、アンとジョニーのチェンバーズ夫妻に依って引き継がれています3代目になるとの事です。
  未だこちらは春早い時期のようで花は少ない、しかしこれだけの庭を維持するには大変だろうと思う。
  SDIM2377.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2379.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2382.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2385.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  下迄降りると見晴らしがいい場所が
  SDIM2386.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  庭内のレストランでスコーン等でお昼を、スコーンは焼きたてを出してくれた。
  CIMG2018.jpg
  CIMG2019.jpg
  CIMG2020.jpg
  すごく延びるバター
  CIMG2021.jpg
食事を終えて出てくると先程のチケット売り場のマダムの勧めでオーナーと写真を又サインをもらえた、ラッキー。
  CIMG2023.jpg
  次はカースル・クームに向かう
  途中牧場の中を抜ける道に
  CIMG1990.jpg
  CIMG1989.jpg
  未だ菜の花が満開だいぶ季節が遅い
  SDIM2373.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2387.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  藁葺き屋根の様でまるでおとぎの国の家です
  SDIM2370.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  しばらく走ると奇麗に手入れされた畑が満開です、アンズでしょうかとても奇麗?
  CIMG2025.jpg
  CIMG2024.jpg
ハーグ近くのやはり奇麗な村カースル・クームに向かう高速をかなり走りローカルな空港の脇を過ぎて暫くした小さな村でした、駐車場はかなり上の方でだいぶ歩きます、少し期待が大きすぎたかな?。
  SDIM2405.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2391.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  今晩の宿のバイブリーに向かう少し北に戻る様な感じ、脇道に入って暫く行き正面の橋を囲んだ一角で奇麗な処です、川の流れもとてもきれい、橋のそばにスワンホテルが有る
  SDIM2410.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2420.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2433.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2431.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  近所のお店では魚が
  CIMG2041.jpg
  ホテルスワンのカフェで
  CIMG2042.jpg

今晩のホテルは少し先の入り口から
  CIMG2044.jpg
  入ると両側に八重桜が咲いていた、道中も何回かそれらしい花を見たがやはり八重桜らしい。
  CIMG2049.jpg
  CIMG2048.jpg
  SDIM2436.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  ホテル正面入り口
  SDIM2438.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  庭には小川が
  SDIM2440.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  CIMG2046.jpg
  CIMG2047.jpg
  
ホテルは素晴らしい、広く、良く手入れされた庭に囲まれた邸宅です、
部屋は三階の為荷物を持った階段はきつい
  CIMG2057.jpg
  
  食事はホテルでアラカルトで頼む。
 パンはフィレンツで食べたケーキの様な形の物も。
  CIMG2050.jpg
  CIMG2051.jpg
  CIMG2052.jpg
  CIMG2053.jpg
  CIMG2054.jpg
メインデッシュにハンバーガーと有るので興味本位で注文すると、矢張り出て来たのはまぎれも無くハンバーガーでした、アドバイスを頼むとナイフとホークでどうぞ!との事です、食べにくい、手で食べた方が食べやすいかも。
  
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月23日ウインザー城経由でロンドンへ [2013.5月イギリス ドライブ]

5月23日
朝からにわか雨、昨日写真を撮っておいてよかった

  雰囲気のあるレストランで朝食
  CIMG2055.jpg
  ビュッフェの他に地元風の料理もリクエスト出来る
  試しにリクエストした地元風の卵焼き
  CIMG2060.jpg
  同じくかなり厚いハム
  CIMG2061.jpg
あの優しく親切な雰囲気がホッとさせてくれる、レストラン担当のウエイターさん。

このホテルの電源のソケットの形体がB、Cでは合いませんでした、カメラの電池がギリギリ今日の撮影が危うい
  CIMG2056.jpg

  高速を飛ばしてウインザー城に、心配した駐車場は比較的簡単に見つかった

  こちらも修学旅行が多い、
  CIMG2065.jpg
  
  お城を見ながら進む
  CIMG2067.jpg
  CIMG2066.jpg
  お城見学の入り口は門の右手
  CIMG2068.jpg
  お洒落なガイドさんが案内してくれた
  CIMG2069.jpg
  

  城に入るとまたしてもにわか雨
   
セント・ジョー ジ・チャペルの見学では借りた日本語音声ガイドで興味深く見る事が出来た、特にガーター勲爵士のバナー(旗)などの解説が興味を引く
  CIMG2078.jpg
  CIMG2080.jpg

昔の駅舎を利用したショッピングエリアには色々の店が並ぶ
  CIMG2064.jpg
  CIMG2084.jpg
  CIMG2085.jpg
  此処でお昼を取る事に
  CIMG2086.jpg
  
ロンドンのCITY空港にレンタカーを返却しに行く
GPSの設定がうまく行かずロンドン市内に入りそうになる
CENTRALのマーク、Cの様なマークが見える入ると渋滞税がかかる。
           central.jpg
GPSに逆らい外側外側と逃げ川に出たシティーが見えタワーブリッジを車で渡る
  CIMG2088.jpg
にわか雨、みぞれが混じる本当に冷える日だ
DLCが頭上に見えると言う事は飛行場も近い、結構渋滞している、やっと無事返却出来た。
  多分CENTRALのマークの中には入っていないと思うのだが?
もし入っていると監視カメラで割り出し後日レンタカー会社を遠して請求されるとか

オイスターカードを予め日本で買っておいたので速やかにDLCでBANK駅に
          oyster.jpg
  CIMG2089.jpg
BANK駅での地下鉄への乗り換えは階段が多く計算違いだった、
階段の連続は荷物を持つ身には非常にきつい失敗した。

ホテルは駅に近く近代的な設備でバスタブも備え文句無し、
大型ホテルは事務的でやはり今迄泊まった家族的な雰囲気が懐かしい。
先ずはバッテリ−の充電と電源ソケットを探したが又合わない、困った!見回すと部屋のドライヤーに都合の良いアダプターが着いていたのでそれを拝借うまく解決。
  こんな感じのアダプター
      10204.jpg
今回3口のソケットを用意してよかった、シグマ、カシオのカメラの電池、シエーバーの充電、さらにMacbookの充電が出来る
  これが便利、ROAD WARRIOR ロードウォーリア RW47BK
          10203.jpg

テレビを付けるといきなりメッセージがびっくり
   CIMG2090.jpg

 夕食はホテルのレストランで、
ステーキを注文イギリス風だそうです、さっぱりしている、肉の周りに粗塩の様な塩と粒こしょうがたっぷり美味しい。
   CIMG2096.jpg
   パスタ
   CIMG2095.jpg
  駅を降りた所で見かけた車 海外ドラマで見た様な
  CIMG2093.jpg
nice!(0) 

5月24日ロンドン市内見学 [2013.5月イギリス ドライブ]

5月24日
今日は朝から雨、予報通り。
  朝食をホテルの前のスターバックスで済ます、安上がり
  CIMG2097.jpg
  出かけるのに足が進まない、サイトシーングのバスを日本で既に予約して置いたのだが今日にしようか明日にしようか、でも明日は行ってみたい所が有るし予報では雨の心配は無い様だし
雨の中意を決して出かけようとしたが印刷したバウチャーが無い、慌てる。
 メールに添付してあったデーターをPDFファイルで保存してあるのでUSBに移し、ホテルのロビーに有るお客用の無料のパソコンに向かう、WinだがPDFファイルなのでMacのデーターでも問題無く再度印刷できる無事解決
便利な世の中このホテルはログインは必要だがプリントアウトなんと無料

‪Charing Cross‬のそばのオフィスでバウチャーをチケットに交換する
本当に寒い雨の中バスを待つがやっと来た、前のバスは修学旅行で埋まり乗れなく1台やり過ごす、足から冷える
  待っているとこんなクラシックな2階建てバスが通り過ぎた
  CIMG2098.jpg
レッドラインコースで2時間位終点まで行かず、手前で大英博物館に
  CIMG2099.jpg
  遅いランチとギリシャ、エジプトのコースを見て出る、これ入館無料、写真OK太っ腹イギリス、フィレンツエのダビデ像も昔はOKだったのですが。
  CIMG2111.jpg
  CIMG2110.jpg
  せっかくツアーバスのチケットに込みなので、テムズ川クルーヅ体験。
このチケット24時間の間は有効なので3コースうまく使えば路線バス代わりになりそう。
クルーズは最悪、風と雨、川は波立ち窓は雫で窓越しの景色は冴えない
  CIMG2114.jpg
  CIMG2113.jpg
  CIMG2121.jpg
  終点迄行くと何故か他の船に乗り換えて搭乗した桟橋迄戻る事に早く乗れの合図
  CIMG2125.jpg
  ホテル近くで食事し帰りに住宅地を抜けて行くとフィッシュ&チップスの店を発見お腹は一杯だが話の種にテイクアウトしてみる
ポテトをすごく盛ってくれたがお腹が一杯なので小盛りにしてもらう、フライも小さめにそれでもずっしり重い
空腹だったらパンに挿んで食べれば満更でも無いかも。
CIMG2127.jpg
nice!(0) 

5月25日Broadway Market朝市 [2013.5月イギリス ドライブ]

5月25日
昨日と異なり今日は天気が良さそう、
ホテルで別料金20ユーロの朝食を取ってみた
値段も良いので其れなりに並んでいるが朝はそんなに食べられないので割高かな!
  ホテル近くのバス停から91番のバスに乗り途中55番のバスに乗り換えBroadway Market近く迄およそ30分位のバス旅
土曜日のせいか渋滞が無くバスはスムーズに流れます、
St.Josephs Hospiceで降り左に入ると道路標識が
  CIMG2130.jpg
  
  今日は土曜日なので朝市が開かれていて色々美味しそうな、興味がそそられるテントのお店が並び大勢の人々で混んでいます
  SDIM2454.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

美味しそうな一寸と味見してみたい食べ物がいっぱい
ホテルで朝を食べずに此処で食べれば良かった!
1.jpg

2.jpg

4.jpg

  5.jpg
古い佇まいをそのままに残した短い路だが市場が無い日でも来ても良いかも、
  SDIM2453.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2456.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2461.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2471.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2468.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
カフェでお隣の若いお母さん、日本人だと分かり声をかけるロンドン西部にお住まいで時々お子様と一緒に来ているそうです、
朝市で食べ物を買って隣接した公園でランチも良いと言っていらした。
  名残惜しいが市内に戻ります
  55番のバスでロンドン市内に乗り換えなしでOxford cercase迄直行出来る、
2階の前に陣取る初めての経験、矢張りこの辺は渋滞してない
  CIMG2154.jpg
  CIMG2155.jpg

次は停留所が表示される
  CIMG2156.jpg

流石にOxford道路に近づくにつれ渋滞が始まった
先きに出発した同じ55番のバスに追いついてしまった。

広い歩道なのにすごい人出ファッショのお店が軒並み並ぶ、
故有って三越を探しにしばし歩く歩道を埋める人々で歩きにくい、自分たちもその2人なのだが。
 向かいに都心なのにクラシックな建物が
  SDIM2475.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
 タクシーの客待ちはセンターラインでやるのかしら?
  CIMG2157.jpg

  ピカデリーサーカスで黄色のサッカーカラーを身につけたすごい人々が大騒ぎ
周りはビールの空き缶が転がっている、赤いサッカーカラーのも売っている、
聞くと今夜サッカーの試合が有りその所為で盛り上がっているらしい。
  CIMG2158.jpg
  CIMG2159.jpg
  CIMG2162.jpg

後で分かったがドイツチーム同士の決勝戦でした。

  次いでバッキンガム宮殿に
  CIMG2170.jpg
  CIMG2172.jpg
  CIMG2169.jpg
  ヴィクトリアステーション
  CIMG2164.jpg
  
  帰りは地下鉄で、
  CIMG2174.jpg

異文化のカフェ水タバコを楽しんでる様です、勧めれたが丁重にお断りしました
  CIMG2175.jpg
なんとかバス、地下鉄の乗り方も要領を得てきたところで明日はベルギーに発たちます。
 
  帰り道ホテルの近くの住宅地の公園の周りを取り囲む円形の美しい建物、現在はホテルに使われている様な
  SDIM2484.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  こんな静かな住宅地に洒落たディスプレイー
  SDIM2482.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
  夕食はホテルのレストランで
  サラダと
  CIMG2179.jpg
  ヨークシャー産牛のステーキと
  CIMG2177.jpg
   イギリス産の鹿肉
  CIMG2178.jpg
を注文、ソースを選ばなければならなかったがウエイトレスさんのお勧めで
サッパリして美味しい。
nice!(0) 

5月26日ユーロスター [2013.5月イギリス ドライブ]

5月26日
晴れている。
ユーロスターでジュネーブに、いつもより早く6時起き
日曜日の午前中ジュネーブ行きは1本 AM08:58発のみでした
ホテルの朝食は時間もないのでパス、

駅ではセキュリティーチェック、パスポートチェック、と有るので30分前には行かねばならない

  ST-PANCRAS の立派な駅舎
  SDIM2485.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
ボーディングのマークが出る迄プラットホームには上がれない、
昨日のサッカーの名残の格好をしている人々で一杯です、ベルギー経由でドイツにご帰還かも。
ベンチでオーストラリアのご夫婦としばしお喋り。
  CIMG2180.jpg
  ボーディングのサインが出て上のプラットホームへ
  CIMG2183.jpg
  CIMG2187.jpg
  CIMG2184.jpg
  静かにスーと発車したユーロスター乗り心地が良い、しかし直ぐトンネル、もう?と思ったが海底トンネルではなかった、
1時間位で簡単な食事が出て食べているともう海底トンネルを過ぎ去りアナウンスもフランス語が最初になり次が英語
  カレーに到着、何か寂しい感じ
思えば食事中にジャムの瓶が手元にトレーの中を滑った、あの時が最深部を過ぎ上り坂になった時だったみたい。
前より上下の揺れが多い、線路が悪いのか、次に駅では脇にTGVが見えるこの辺がパリ行きの分岐点か、
およそ出発から2時間位でいつの間にかブリュッセルMIDIに到着、
  
近いところにと思っていたが、ホテルは駅の目の前でした、これなら楽だ。
午後も未だ1時弱だがチェクインが出来たので荷物を置き、ブリュージュ迄行く事にした、
駅のチケット販売機でコインかカードで購入出来る、イングリュバージョンでセッティング
手順はこんな感じ

当日往復
シニアー設定
2等
の操作で6ユーロで買える。
  
  ボーディングボードのICでプラットホームを確認。
  1時間位でBruggeに到着、
  CIMG2218.jpg
  CIMG2189.jpg
  駅の外観
  CIMG2190.jpg

  駅を出て目の前の幹線道路を横切ると周りが公園の様な小都市に
歩きでかなり回る事が出来る、
  SDIM2486.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2498.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
運河の脇の緑地でスワンが卵を抱いているみたい
  CIMG2195.jpg
  適当に歩いて見る、可愛いお店が色々
  CIMG2192.jpg
  CIMG2198.jpg
  CIMG2200.jpg
  CIMG2201.jpg
  お昼をカフェで
  矢張りワッフルを、そして飲み物はホットチョコレート
  CIMG2203.jpg
  CIMG2204.jpg
  CIMG2205.jpg
  CIMG2202.jpg
  ワッフルは生地に腰が有って美味しい、

  途中運河に架かる橋の上からボート乗り場が目に付いたので乗ってみる、
30分位だが乗ってみる価値はありました、目線が違うので違った景色が見えます
  SDIM2499.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2508.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2509.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2511.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
     SDIM2525.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2529.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2543.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  ボートのエンジンは日本製みたい
  CIMG2208.jpg
  
   どうやら此処がメインストリートみたい
  CIMG2206.jpg
  Chocorete Lineと言うチョコのお店を見つけた
  SDIM2548.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
中の作業が見える様になっている
  CIMG2214.jpg
冷やかしのつもりで店に入ったがかけチョコ少しホテルに持ち帰った
  ブリュッセルに戻ったが日曜でホテル近くの飲食店は駅構内のファストフード位しか無い、諦めてホテルのレストランで取る事に
  ステーキと
  CIMG2219.jpg
  フイッシュアンドチップス、ベルギー風を

  CIMG2220.jpg
  すごい沢山ポテトが付いて来る

  でも今日は乗り換え、観光、スムーズにいった。
Bruggeで買ったチョコ、やはり少し緩くなってしまった、しかし香りが違う美味しい。
  ブリュージュの帰り道花壇で見かけた花
イチゴの様に思えるのですが、花が赤いのです、
実が未だ生っていないのでイチゴと確認は出来ませんが
     SDIM2550.jpg
nice!(0) 
2013.5月イギリス ドライブ ブログトップ