So-net無料ブログ作成
2013.5月イタリア ドライブ ブログトップ

5月9日CDG 2013 [2013.5月イタリア ドライブ]

  出発前にキャッシュバックキャンペーンでSIGMA DP2 Merrillを駆け込みで買ってしまった。
 CIMG1621.jpg
メモリーもSDXC64GBを購入いつも持ってゆくMacBook Pro Mid2009のSDスロットルで読み込めるか心配したが認識出来た。
  sdxc.jpg読み込み速度は多分USB2.0の範囲でしょう
  昨年と同じ様にパリ経由でフィレンツエに向かう。
CDGに朝3時頃着く、出発前にエールフランスのメールでAF277便利用では成田で予めクーポンを貰っておくとCDGのラウンジを無料で利用出来るとの事、少し分かりにくいが詰まり4階出発ロビーのラウンジを使用出来るとの事でした、面倒ですが上の階に上がり出発ロビーのセキュリティーチェックを済ました後に利用出来る訳です、寒い時期や暑い時期に時間を潰すには助かります。
  CIMG1628.jpg
  ターミナルGに行くため出発ロビーから外に出るのに心配しましたが、セキュリティーチェックも逆行はお咎め無しなのですね、クーポンを見せると簡単に通してくれました。
 昨年同様フィレンツ迄はCityjetの機体でした、機内食はこんな感じです。
  CIMG1632.jpg
  フィレンツエのレンタカー・シャトルバスはバス停が完備しバスも大型になっていました。
  ハーツのオフイスでは運の悪い事に前のお客さんがカードを何枚出しても通らないようでえらい待たされてしまいました、
  借りたPandaはヂィーゼルでなくガソリン、Benzina仕様でした 昨年借りたFiat500がディーゼルでイライラしましたが、あくまで個人的な感想ですがこのPandaはガソリンのせいかスムーズで130km位問題無く出せます、クラッチの合わせも楽です。
  カーナビは言語の日本語仕様が無く数台の中からやっと見つかったちょっと古めの内蔵電池が経たった物でした、シガーライターのアダプターも調子が悪い、でも日本語の方が良いし諦めです、GARMINのナビです昨年はTomTomでした。

  途中で又ポルチーニを購入し、サンジミニャーノに寄った。
  SDIM1843.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill 
  SDIM1837.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM1835.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  修学旅行の生徒達と各国からの観光客で賑わっています、ピザとパスタで昼食を済ましました。
  聖ガルガーノ大修道院と近くのモンテシエーピ礼拝堂、そして去年泊まったIl Rigonに3泊のつもりです。

  聖ガルガーノ大修道院、廃墟の様ですが入場料を取られます、静けさの中に有ります。
  SDIM1847.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

      屋根が無く廃墟ですが何か不思議な感銘を感じます。
     SDIM1854.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  近くのモンテシエーピ礼拝堂には歩いても行けるそうですが横着して車で行く事に本当に横付け状態です、聖ガルガーノが岩につき立てたと言われている剣を見る事が出来ます。
  SDIM1857.jpg 
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  トスカーナの田園風景の中に佇む素朴な宿Il Rigonに到着、昨年に続き2回目です。
     SDIM1981.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill
     SDIM1864.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  今夜は事前に予約したのでホテルで夕食がとれます。
  リニューアルしたのかダイニングがきれいになっています
  CIMG1648.jpg
     前菜です
  CIMG1649.jpg
     主菜の2品です
  CIMG1650.jpg

  CIMG1651.jpg
     デザートです
  CIMG1652.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月10日 トスカーナ San Quirico dʼOrcia にて [2013.5月イタリア ドライブ]

5月10日
夜明け間もなくに外に出てみると半円がすべて見える様な虹がそれも二重に出ていました、とても奇麗。
   SDIM1874.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  遠くの谷間に朝霧が
  SDIM1883.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  今日、明日はHotel Il Rigoを拠点に周辺を廻ってみようと思っています。
朝食を済ましモンタルチーノを訪問。
  SDIM1921.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
SDIM1908.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  街には警察の交通整理が行われ、朝市に人々が多く集まり又ラリー車が集合しどうやらオフロード・レースが行われる様です。
  SDIM1911.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM1910.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  偶々下調べをしている時近所のBuonconventoでレストランを開業しておられる日本人シエフのお店をWeb上で見つけたのでランチを取りたいと思い探しました、地元の方に聞いてたどり着け無事ランチを食べる事が出来ました、近所に公共の大きな駐車場が有ります。
  勝手にこちらの希望を告げ、味をアレンジしていただき、お陰でとても美味しく地元のパスタ料理を食べる事が出来ました、大変美味しかった、皆様も機会があれば是非訪問してください。
その日本人シエフの方とは家族の方々と共に数時間お喋りをしてしまいました。お店の前の道をミッレミリアの時にはクラッシクカーが通り過ぎてゆくそうです。
ホームページ http://www.laportadisotto.it/eventi/
  
CIMG1658.jpg
CIMG1657.jpg
CIMG1659.jpg
 食後は宿の近くのトスカーナの写真と言うと見る機会の多い礼拝堂によって見るつもりですが見つけにくいそうです。
車を走らせていると写真に撮りたくなる様な光景が目に入ります、真っ赤なひなげしの群生が彼方此方に在り緑をバックにその赤がとても映えています。
  SDIM1929.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill
今日は天気が変わりやすく時折雨がパラツキます。
先程のラリー車が砂塵をあげ上の方を通り過ぎ公道の脇で整備しています。
  CIMG1669.jpg
  礼拝堂を探して砂利道を進みます、フィレンツェに着いてから気になっていたのですが空中をふわふわ地面には綿の様につもっています。
  CIMG1673.jpg
  気が付くとちゃんと標識が出ていました、私有地のため車は入れません、気を使いながら見学。
  CIMG1688.jpg
  孤高の佇まいです
  SDIM1964.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  今晩もホテルでディナーを取りたいので予約を朝しておきました
  何と昨晩のワインをキープしておいてくれました、JAPAN の文字が
  CIMG1680.jpg
  パンです
  CIMG1681.jpg
  前菜
CIMG1682.jpg
  主菜
  CIMG1683.jpg
  CIMG1684.jpg
  デザートの代わりにフレッシュ・サラダをリクエスト快く応じて頂きました。
  CIMG1685.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月11日トスカーナ2日目 San Quirico dʼOrcia [2013.5月イタリア ドライブ]

5月11日
  宿のわんちゃんの一匹去年よりなんだか元気が有りません、もう年なのかな?
   CIMG1687.jpg
  Pienzaにきました宿からも近いしお店も多くスーパーも有るので便利、少し水と果物をを買っておきたいと思います。
ショーケースを覗くと冷凍ピザが色々、家庭ではこんな形で済ますのでしょうか。
  CIMG1690.jpg
  CIMG1691.jpg
町中に花が飾られ、花屋さんもいっぱい出店しています。
  SDIM1998.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

 壁の花が奇麗 
     SDIM2014.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

 入り口に花婿さんらしい方が、結婚式が有るのでしょうか。
   SDIM1997.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill 

  教会に人々が、結婚式です。
  花嫁さんです、幸せいっぱいですね。
   SDIM2015.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill

トリフの産地San Jyobannni Dossoに出向きましたが残念ながらお店はやすみ、まだ時期が早すぎる様です。
  道路脇の空き地にのモニュメント
  SDIM2022.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
お昼を食べたくて若い夫婦が営むかわいいお店に入った。
  CIMG1693.jpg
  CIMG1698.jpg
  このお店水回りもとても奇麗です。
  手打ちパスタを食べる美味しい。
  CIMG1696.jpg
  CIMG1697.jpg
突然窓の外は大雨挙げ句に大きな霰が落ちてきた、しばし お店の中で雨宿り。
  CIMG1694.jpg
  CIMG1695.jpg
  道中糸杉が見事な風景。
   SDIM2027.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
やはりホテルIlRigoの周辺の景色の方が私は魅力が有る。
今日は彼方此方走って終わってしまった。
  今日で宿の食事も最後です、滞在型のお客様が多いので何となく馴染みになり朝晩挨拶を交わす様になったのに少し寂しい。
  ところが今晩は何故か共通言語が英語の人と大テーブルでお食事、そこにオーストラリアのご夫婦が参入、カナダのお嬢さんとドイツの青年とで食卓は盛り上がる。
  CIMG1705.jpg
  今日は事前にお願いしなかったのだがサラダが用意された、心遣いがうれしい。
  CIMG1702.jpg
  CIMG1701.jpg
  CIMG1703.jpg
  今日はデザートは濃厚なテラミスです。
  CIMG1704.jpg
  
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月12日 ソレントへ [2013.5月イタリア ドライブ]

5月12日
今日はソレントに移動します長距離ドライブです。
  朝食には毎日手作りのケーキが出されます、しっかり食べた後なのについ手を出してしまいます、旅行中に体重が増えてしまいそう。
CIMG1707.jpg
  CIMG1708.jpg 
壁に貼ってあるのがこの宿の主人です.
   CIMG1706.jpg

ドイツでも話題になったみたいです、去年までは朝おしゃべり出来たのですが今回はチェックインの時のみで余り会えませんでした。
   CIMG1712.jpg
娘さんとご主人か彼か?前面に出てテキパキ処理しています。
  ホテル Il Rigoともお別れです、又来れればいいのだが。
   SDIM1981.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  ソレント迄の途中カゼルタの王宮と公園Grande cascataに寄る。
町並みはゴミが散乱し殺伐とした感じ、googleで地下に駐車場が有るのは分かっていたが結局間際にバスの運転手さんに聞く事に。
  駐車場から地上に出た所
  CIMG1715.jpg
  駐車場を出ると王宮の前の広場に出る、左端に入り口が有った
  CIMG1716.jpg
  話には聞いていたが突き当たり迄はかなりの距離が有りそうです、貸し自転車を4ユーロで借りる、パスポートを預ける、滝に近づくにつれ上り坂が増えかなりきついが正面の滝迄たどり着く事が出来た。

  SDIM2038.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
SDIM2046.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
SDIM2054.jpg
   カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
  貸し自転車は1時間の時間制限ギリギリです、二人乗り自転車にしなくてよかったとても上れる坂じゃないし、置きっぱなしで滝迄歩けないし。
 午後もだいぶ廻ったので高速を一路ナポリ方面へナポリ市街を右に見ながらソレントに向かって一般道SS145に入るととたんに大混雑!やっと抜けると次の町も同じく大混雑、町の広場には人があふれ、教会の前には人々で溢れパトカーも彼方此方に。
  少し一段落した所で小休止
  SDIM2056.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
ソレントはまだ先きもう少しだ。
  又町中に入るが此処も人と車であふれている、そして警察官もいっぱい。
通行止めの道だがGPSに従い前の車に付いて同じように侵入してしまった、処が広場に出たところで警察官がよって来る、違反かな?
ふと見ると覚えの有る町並み、気がつくとソレントに着いていた、近づいてきた警察官にホテルの予約書を見せると道案内のみでお咎めなし、良かった!。
  ホテルに入るのに又難関何しろ道が狭く左は海タイヤを落としたら大変!
レストランのお兄さんの誘導で無事通過。
  CIMG1737.jpg
   これがその道
  CIMG1738.jpg
  これは出る時だが、入る時はもっと怖かった。
目の前が港と小さな浜、門が閉まっているベルを鳴らすと二階の窓からマダムが元気な声をかけてくれた、二階が部屋なので通路を上ると玄関、思ったより広い部屋、見晴らしも良い。
  CIMG1724.jpg
マダム曰く『みんな携帯で通路が狭くて車の運転が難しいとヘルプの連絡してくるのに、良く入れたわね!うまいのね!』とお褒めの言葉を頂く。
  近所のレストランを紹介してもらったが、車を誘導してくれたお兄さんの港のレストランでアラカルトで注文、面倒なので出来た料理ははかまわず出してもらった、美味しい。
  CIMG1728.jpg
そこに突然の花火、目の前でその花が咲く,聞いたところ母の日なので花火をあげるそうです。
  CIMG1729.jpg
  CIMG1730.jpg
  何故か前菜を1皿サービス、食後会計を済ましたのに、更に地元レモンを使ったレモンリキュールをごちそうしてくれた、とてもフレンドリー。

母の日なので町中混雑していたのでした、さすがマンマの国です。

夜景が奇麗!ナポリの灯がキラキラしている。
  SDIM2061.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月13日アマルフィーへ [2013.5月イタリア ドライブ]

5月13日
ソレントのホテルで交渉した処カプリ島から帰る迄車を預かってくれるとの事なのでカプリ島迄行き青の洞窟を見に行こうと思います、実は青の洞窟これが3度目の挑戦です。

  船上から見たホテル、湾に面した左に塔の有る小さな建物です
  SDIM2096.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill

船が出航して暫くすると大きなウネリで船が横揺れが激しくなってきました、嫌な予感!

  カプリ島に着きました
  SDIM2072.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill

船着き場で呼び込みの青年に問いただすと青の洞窟はダメだが南側の色々見る洞窟が有りその船は出せるとの事、又今回もダメでした。
  船酔いで気持ちが悪くなったので、フニクラで上の町を暫く散策してソレントに戻る事に。
  SDIM2075.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill

  SDIM2081.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  お洒落なディスプレイー
  SDIM2082.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  南国風な入り口
  SDIM2087.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  ホテルに戻りあの狭い通路を無事抜けソレントの町からから極度に狭い峠道を無事抜けアマルフイーに向かう海岸道路に。
  海が見えてきました、半島の反対側に出た様です、これから益々ドライブが困難になろうとは、何しろこの狭い道に車がみんな駐車しているのです、何しろすごいのです下手すると狭い道幅に関わらず両側駐車です。
  CIMG1740.jpg
  CIMG1739.jpg
本当に昨日から半島に入ってから交通ルールは無法地帯です、狭い海岸の道をクネクネ右は断崖、何しろ対向車がセンターラインをオーバーしながらカーブに突っ込んで来るので恐怖です、やり過ごそうともたもたしていると脇をバイクがすれすれに追い抜いて行きます。
  山肌の狭い道が続きます
  SDIM2098.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  左コーナーに入ったら大型バスが!運転手曰くクラクションを鳴らしたろ!戻れ!とのジェスチャ、そう言えば遥か手前に警笛禁止の標識が有ったので警笛が聞こえたらバスが行くぞとの合図になるのかも。
狭い急カーブ、延々と続く駐車の列、突っ込んで来る対向車、逆らわずやり過ごし、譲り合いでは無くひたすら“譲り譲り”の精神で、やっと到着。
  ホテルは予定通り駐車場付きで町の少し外れですが遠くはなく、静かで、バスタブ付き、と予約通りでした、2日間少しゆっくりできそうです。
  少し設備は古いが窓から海が見え悪くは有りません。
  SDIM2104.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  沖合には豪華客船が停泊
  SDIM2107.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
 
  アマルフィーの町を散策
  SDIM2109.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2123.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
  リモーネが特産です
  CIMG1747.jpg

  夕食を適当に選んで店に入りました
  フリッタ美味しいのですが量が多くて
  CIMG1751.jpg
  CIMG1750.jpg 
  
  CIMG1749.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月14日ポジターノ [2013.5月イタリア ドライブ]

5月14日
アマルフィーの船着き場からサレルノ ポジターノ迄片道8ユーロの定期船で行きます、降りる客は修学旅行が目に付きます小学生、高校生位ですか、何処の国でも賑やかな世代です。
乗客は競って景色と写真を撮るため客室の天井の席に、見る間に埋まってゆきます。
   船上から見たアマルフィー
SDIM2127.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
   途中船上からの景色
SDIM2135.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
SDIM2140.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
   ポジターノの町が見えてきました
SDIM2157.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill

  サレルノ ポジターノはアマルフィーよりもリゾート風でお洒落。
SDIM2164.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
SDIM2182.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
そんなに大きくないのでザッと廻りお昼を食べ又定期船で戻りアマルフィーの町を散策したいと思います。
CIMG1766.jpg
  ついついケーキに
CIMG1767.jpg
  面白い綿の様な物が
CIMG1762.jpg
CIMG1763.jpg
  アマルフィーの町を散策
ジオラマの様な物が
SDIM2205.jpgカメラ;SIGMA DP2 Merrill
土産物とバジリコの種を買った、もっと買いたい物が有るがまだロンドン迄LCCの飛行機なので荷物は余り増やせない、重量にシビアーだそうです。
  沖に泊まっている豪華客船からどでかい音の汽笛が鳴り響く、帰船を促しているのでしょうか。
SDIM2107.jpg
これ一隻でかなり町の人口が増えるかも何しろ船と桟橋の間を連絡船が一日中行き来しています。
日向は暑いが日陰に暫く居ると寒くなって来る。
  帰り際にホテルの近くのレストランで、座ってしばらく前菜を食べた頃から込み始める、とたんに出てくるのが遅くなった。
CIMG1789.jpg
CIMG1790.jpg
CIMG1791.jpg
CIMG1792.jpg
CIMG1793.jpg
CIMG1794.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

5月15日トラブル [2013.5月イタリア ドライブ]

5月15日
  今日はラヴェッロに寄ってトスカーナ地方のセッジャーノに行くつもりです。
ラヴェッロを出て10分もしないうちにトラブル発生、警察で処理が終わって結局ローマの大使館に行く事に。
  車でローマには入りたく無い為今回はスケージュルでは敬遠したのだが、結局ローマ市内に、案の定夕方のラッシュでものすごい混雑。
  大使館の閉まる時間に5分も無い時刻は迫る焦る焦る!。
4時半閉館に7、8分過ぎて大使館に到着、しかし門は既に閉まっています看守さんに事情を話すと連絡が有ったのか許可が出て入所出来た。

  アマルフィーの警察から連絡が有りバックが届けられたとの事、肝心のパスポートも無事との事です、これで再発行しないで済むが、『郵送は当てにならないし、時間もかかるから取りに行った方が良いですよ、これから行きますか?連絡します』との親切なアドバイスを頂いたが流石にパスポート盗難のショックと300km位休み無しに巡行速度130km位でチッコイPANDAで高速を小舟のように飛ばしてきて、もう引き返す元気は残っていない、明日行く旨連絡して頂く感謝、感謝!。
  近所のHISさんでホテルを探してもらう、ボルゲーゼが近いので高級ホテルなら駐車場付きも有るのだが、高額すぎるセッジャーノのホテルををキャンセルするのだから予算が狂う、駅近くの安く、又近くに駐車場が使えるホテルを探してもらえた、一見雰囲気を疑たがったが以外や小学生位の修学旅行生で一杯でした、明日朝早くアマルフイーに行かねば。
そうだ!セッジャーノのホテルに連絡メールをしておこう、2泊の予定なので明日たどり着ければ1泊出来るしその山の中のホテルは是非泊まってみたいのだ!!

nice!(0) 

5月16日ローマからアマルフィーそしてセジャーノ [2013.5月イタリア ドライブ]

5月16日ローマからアマルフィーそしてセジャーノ
  朝は修学旅行生の元気のよい声で目が覚める。
  朝食ルームは団体と別の為混雑は無いのだがビュッフェの山積みのパンがあっと言う間に無くなってゆく、何処の国でも先生は大変だな。
そう言えばアマルフィーもソレントも修学旅行生らしき団体で一杯でした、今はその時期なのでしょうか。
  なるべく早くストラーダに乗りたいと思ったのだか意外にローマ脱出するのに渋滞に巻き込まれる、ストラーダでは130kmぐらいで頑張ってソレルノ方面に出て海岸をアマルフイーに向かうつもり、このスピード多分違反ではないはず。
  ローマから南にアマルフィー とんぼ返りで サン・クイーリコ・ドルチャ更に山中に入り セジャーノとかなりの強行軍、多分1日で800km以上でしょう、気を付けなくっちゃ。
  ローマを出て暫く行くと土砂降りの雨ナポリが近づくに連れ雨も上がり蒸し暑くなってきた。
  カーナビのデーターが古いのかナポリの先きで降りてまた再度高速に乗る事にソレルノの標識が有ったのだから降りなくても良かったのに、焦っていたのか。
  海岸線のくねくねした道を焦る気持ちを抑えながら慎重にとばす、何か変な表現でもそんな気持ち、帰りはラベッロを抜ける山道を行こう!この方が車が少ない。
  警察で現物を見なければ安心出来ません、その警察が奥まって中々見つからない、たどり着くと今度は昼休みで職員誰もいないと!暫く待つと現れる、我々の顔をみてすぐ分かった様でした。直ぐさま中身を見ると良かったパスポートは無事でした、勿論金目の物は諦めです。バッグの中に泊まったアマルフィーのホテルのカードが入っていたのでそれで連絡がとれたのかも。

  さてさて難問解決!
それでは今宵は是非予約の宿に泊まりたいのですが8時頃迄にチェックインしてくれないと門を閉めるとメールがきていたし近所には人里離れた山中なのでレストランは無いのです、サンドウイッチでも買った方がいいかな?間に合うと良いのだが。
 ソレルノ経由よりラヴェッロから山中を超えてナポリ側の高速に出た方が早いし走りやすい気がするのでそちらを選択。
  峠を越えほっとした所でベスビアス火山が目の前に
  CIMG1797.jpg
ひたすら130kmで飛ばすがこの車でこのスピードでは高速のコーナが少し怖い、外側に傾く感じがする、急ハンドルを切らなくて済むように慎重にコースを選ぶ。
  モンタルチーノで高速を出た時点で後40分位で8時になりそう、気がせく西に沈む太陽と競争。
  やっと20分ほど遅れて到着、門は未だ開いていた、中に入っても3軒位建物が有りどれだか迷っていると声をかけてくれた青年が連絡してくれた、どうやら一番奥の建物らしい、車を止めるとオーナーが出てきて直ぐ食事が出来るからどうぞ!と案内してくれた。
 とてもすばらしい雰囲気、牧場の様な広い庭、レストランでは既に食事が始まっていたがすぐにアンティパストが出され、ジョッブズに似たオーナーが仕草も似て料理の説明を始める。
  CIMG1798.jpg
  CIMG1799.jpg
  CIMG1800.jpg
  CIMG1801.jpg
  CIMG1804.jpg
  CIMG1802.jpg
  CIMG1805.jpg
  CIMG1806.jpg

  下手したら今日もキャンセルかもしれないお客の為に暖かく迎えてくれて、コースメニューもちゃんと支度しておいてくれ、長距離ドライブも頑張ってよかった。
  食事の後は部屋迄案内するから車で着いてくるようにと、ロッジ迄車で後を付ける
ロッジ風の部屋は中の方がすばらしく広いリビングと自炊出来るキッチンまで付いています。
  CIMG1807.jpg 
  CIMG1808.jpg 
  CIMG1809.jpg
後で聞いたのだが滞在型のお客の為ランドリーも有り自分で選択が出来るそうです。
目の前には15m位のプールが有ります
外は真っ暗、降る様に星が輝いています。

nice!(0) 

5月17日Monticchielloへ [2013.5月イタリア ドライブ]

5月17日
旅行のスケジュールもやっと元に戻った。
  夕べはもう暗かったのでよく分からなかったが明るくなった朝見てもすばらしい環境です、2泊したかった。
  CIMG1830.jpg
  CIMG1811.jpg
  まだオリ−ブの実は小さい
  CIMG1814.jpg
  朝食を食べに母屋に
  SDIM2219.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  CIMG1819.jpg カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  CIMG1820.jpg 
  CIMG1817.jpg
  CIMG1816.jpg
  CIMG1815.jpg
  朝からデザートにマダムの作ったぬくもりの残ったアップルパイが出されます。
  CIMG1818.jpg
  会計の際キャンセル料は100%なので当然2泊分支払うのは当たり前なのだが態々きてくれたのだからとかなり負けてくれたのです、本当に親切、又チャンスを作りたい。
  SDIM2224.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  CIMG1831.jpg
  温泉の町バーニョヴィニョーニに
  途中見たトスカーナの象徴糸杉の並木と赤いケシの群生
  SDIM2236.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  途中ORCIA川を渡りすぐ左折します。
  CIMG1837.jpg
 CIMG1836.jpg
  昨年は確認しなかったが町の中心に位置する池が暖かい水なのか否か、手を入れると確かに温泉の正にプールです。
  SDIM2254.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
その温泉の水は谷底の川にに流れて行きます。温泉を利用する為の昔の遺跡が有ります、流れている溝で皆さん足湯です。
  CIMG1841.jpg
  CIMG1842.jpg
  CIMG1843.jpg
  CIMG1844.jpg
  次にAnghiariに行く事にします又雨雲がやってきそうです。
  町の丁字路から見ると見事に真っすぐな道路が延びています。
  SDIM2266.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill 
  下から見上げるとAnghiariの姿が
  SDIM2272.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  Monticchielloに予約したホテルに。
  予想はしていましたが旧市内は入れません、ツーリストインフォメーションで聞くと町を時計回りに回って裏の方から上るルートがありホテルの近くに行けるとの事、しかし見つかりません散々聞き回りやっと分かりました。             

  何しろホテルの入り口は小さなプレート1枚です、なかなか気がつきません。
  それでも所々に20分間止まれる公共の駐車場が有り荷下ろし出来ます、インターホンで開けてもらいます。
  すごく格式ある内装の部屋、天井が高く、フレスコ画で飾られています、オリジナルだそうです。
  CIMG1858.jpg
  CIMG1857.jpg
  CIMG1859.jpg
  車を指定された駐車場に行くのが又大変、迷います。
町には駐車場が数カ所有り11番位まで番号が付いています、8番駐車場のホテル専用のスペースに止め階段をかなり上がる事に。

  まだ明るいので少し歩いてみます。
  SDIM2275.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2276.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
    SDIM2279.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
  夕飯は近所のピッツエリアで済ます。
  CIMG1853.jpg
  CIMG1854.jpg
  CIMG1855.jpg
  CIMG1856.jpg
nice!(0) 

5月18日サンミニアート [2013.5月イタリア ドライブ]

5月18日
今日はトリフで有名なサンミニアート迄行きます。
  リビングには深々したイスと爽やかな白いカバーをかけられたテーブルに朝食が用意されていました。
   CIMG1860.jpg
  直径20cm位有りそうなハムが
 CIMG1861.jpg

  朝食を済ませてから市内をしばらく散策します、広場では朝市が
  CIMG1865.jpg
    SDIM2285.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2289.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  市内にはワインを販売しているお店が多く試飲もさせてくれます。
  CIMG1862.jpg
  CIMG1863.jpg

  Monticchielloを後にしてSR2をフィレンツの手前で降り一般道を西に向かいます、地図データーが古く時たまロータリーをアナウンスしません、その場合たいてい2番目の出口が目的の道で有る事が多いです。
  道中は松並木がかなりの長さで続いていますルッカの方面向かっています、そうこうしているとサンミニアートに着いた様です。
  予想をしていましたが此処でもホテル迄道が分かりませんGPSの指示では一方通行出口とかで指示通り進めません。
  丁度広場にパトカーが居たのでホテルの場所を聞くと自分に付いてこいとの事でパトカー先導でホテル迄、ホテルは頂上付近の王宮の直ぐそばでした。ホテルと同じ経営のレストラン、BARが一件のみ有るだけです。
パトカー先導で乗り込んだのでBARのお客さんが一斉にこちらを見ています。
  SDIM2298.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  ホテルはクラッシックな感じの広い部屋です。
  CIMG1867.jpg
  丁度おなかがすいたのでそのBARでお茶をしました、BARのマッチョなおじさんが面白く夕食は絶対此処のレストランを使えと2階を指差し一見脅しのようでした、明るい雰囲気!

  食事前に町を散策、丁度結婚式が有る様です。
  CIMG1871.jpg

 CIMG1872.jpg
  CIMG1869.jpg
  遠くに見える塔まで行ってみようと思います。
  SDIM2299.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  下から広場に入る門です
  SDIM2300.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  広場から少し高台に上ると町並みがよく見え象徴的な塔が有ります
  SDIM2302.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2301.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  夕食はホテル併設のレストランで
  CIMG1877.jpg
  CIMG1874.jpg
  CIMG1875.jpg
  CIMG1876.jpg
  CIMG1878.jpg
  CIMG1879.jpg
  CIMG1880.jpg
  食事の後広場に出てみると昼間あんなに閑散としていたのに車でいっぱいです。
降りた人々はみんな前の教会に吸い込まれてゆきます、失礼して覗いてみるとライトに照らされた教会はまるで別世界、華やかに見えます、用意されたイスも空いた所を探すのが難しい位です。
  CIMG1882.jpg 
     CIMG1881.jpg 

ミサなのか集会なのかは我々には分かりませんでした。

nice!(0) 

5月19日寄り道しながらフィレンツエまで [2013.5月イタリア ドライブ]

5月19日 寄り道しながらフィレンツエまで

ホテルの朝食ルームです
  CIMG1886.jpg
  CIMG1884.jpg
  CIMG1883.jpg
      
  CIMG1885.jpg

今日フィレンツェでレンタカーは返却する予定です、更に慎重に運転しようと思います。

  今回の旅行を計画中気になる石造りの古い橋Ponte della Maddalenaの写真が目に付きました、それで今日は行きがけにそれを見に行きますルッカの遥か北の方です、GPSがうまく案内してくれました。
  SDIM2312.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2305.jpg
カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2308.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2306.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  近所にはお店が数件有るのみ、この店でお茶しました。
  CIMG1892.jpg

  店内に貼ってあった橋が描かれている絵図です下の方にこの橋が描かれています
  CIMG1891.jpg

少し遅いお昼ですが昔食べたルッカのレストランに寄って行きます駐車に悩みましたが意外に城内でうまく止められました。
  SDIM2317.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
昔の記憶を基にレストランを探しましたが残念ながら見つける事が出来ませんでした、手長エビのスパゲッティーがとても美味しかったのですが、もう記憶も当てになりません。
  城内は観光客でいっぱいです。
  SDIM2313.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  CIMG1893.jpg
  六角形の掘り割りが有名です
  SDIM2315.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  
  ピノキオの作者の故郷にピノキオの公園が有るそうです、GPSで設定出来たので寄って行こうと思います。
  CIMG1896.jpg
  CIMG1897.jpg
  少し寂れた感じですが小さな子供達が大勢いて賑わっています、公園内には大人の鑑賞の対象になる様な彫刻も沢山有ります、人が近づくと突然噴水が出てくる悪戯ぽい彫刻も有り退屈させません。
  CIMG1900.jpg
  CIMG1901.jpg
  CIMG1902.jpg
  CIMG1905.jpg
  CIMG1908.jpg
  CIMG1913.jpg
表の売店にはさすがにピノキオだらけです。
  CIMG1894.jpg

  レオナルドが青年期に居た村Vinci村に行きたかったのですが、どうしてもGPSに設定出来ずに断念、地図も無いし、時間も無いので空港迄レンタカーを返却しに。
  フィレンツエのハーツ営業所の設定でGPSのハーツのアイコンをクリックしたところたどり着いたのが空港そのもの、駐車場は違うでしょ!本当に役立たず!記憶を辿るが徒に空港の周りをグルグル回るばかり、ガソリンスタンドのおじさんに聞きやっと借り出した駐車場に着けた、
イライラ序でにGPSの内蔵電池が屁たっている、 
地図データーが古すぎる、
電源のシガーライターのUSBコネクターが接触不良、
エアコンが冷えない等症状をつらつら述べると清算で負けてくれた、言って見るもんだ!。

  先ずシャトルバスで空港にそしてシティーまでのシャトルバスで中央駅迄 6ユーロでした。
  ホテルは空港シャトルのバス停、中央駅の直ぐそばです、21日にはロンドンに飛ぶので空港に行くにも便利な此処を選びました。
 2人と荷物を載せると限界の小型のエレベーター、ドアは手動です。
部屋は女性感覚な気遣いのある設定、湯沸かしポット、紅茶ティーバック、等が備え付けられています。

明日の為に駅の売店にバスの24時チケットを買いに行きました5ユーロでした。
売店ではタバコを買うお客さんで行列です、夕食はホテルの近所の中華飯店で決まりです。
nice!(0) 

5月20日フィレンツエぶらぶら [2013.5月イタリア ドライブ]

5月20日
今日もにわか雨が有りそう。
昨日買った24Hのバス・チケットを持って。
 先ず市場に数あるお店の中テレビに出た事のある、モツ煮のパンティーノのお店を探していると1軒のお店が目に付く、どうやら店主が日本人のお店を発見しばし話し込む。
  CIMG1916.jpg
 お名前はAkane Mitsukawaさん、オリーブ・オイルなど親切に相談に乗っていただけます。
前面に出ているドライ・フルーツやドライ野菜の砂糖漬けも計り売りで美味しいしお土産になります。乾燥食材も豊富です。
  CIMG1917.jpg

更に回っていると又お店の人が日本語で声をかけてきました、若い日本人のお嬢さん又しばし話し込む日本の地震、原発気になる事ばかりの様です。
  CIMG1921.jpg
  市場の中は見ているだけで面白く参考になる事も多いです。
  CIMG1918.jpg
  CIMG1919.jpg
  CIMG1922.jpg
モツ煮のお店はさすが混んでいますがお腹もまだ空いてい無いので今回はモツ煮は諦め。

市場を出てトスカーナの郷土菓子カントゥッチを買いに店を探す、間口はさほど広くは有りませんがお客様は多いです店頭にミキサーが見え作業の様子やカットする様が見えます。
  CIMG1926.jpg
  CIMG1925.jpg
  CIMG1556.jpg
気前よく試食を勧められる、このお菓子に合うと言われるデザートワイン迄ふるまってくれます、色々荷物が増えたのでホテルに置きに行く。
  

駅前でC2のバスでドーモの方に目的はやや裏道の昔買ったバック屋さんを探す事しかし見つからず諦める。

  イタリア風100円ショプですか
  CIMG1924.jpg

  まだ現役で頑張っているのですね
  SDIM2336.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill

  
 晴れ間を狙ってGARDENに、個人的には期待した物とは成らなかった。
  SDIM2327.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2331.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  SDIM2333.jpg
  カメラ;SIGMA DP2 Merrill
  手入れにはお金がかかりそう入場料もしょうがないですよね
  CIMG1932.jpg

  いつもトイレに困るのですが、中は結構広いです
  CIMG1928.jpg


  時間もあるのでブログで目に付いたパニーノのお店を探すため適当にバスに乗ると途中で川を渡らないので又乗り換え目的地に、横着せずバスマップをもらえば良かった。
大学と市場の様な建物のそばでその店は見つかったが店の前が工事で看板が隠れて店が見えず行ったり来たりしてしまった。
  この大学のそばです
CIMG1943.jpg

  お名前はSemeiイノシシのマークが付いています。
  CIMG1934.jpg
  CIMG1936.jpg
  CIMG19342.jpg

  とても明るいオーナーで冗談いっぱいです。
  CIMG1941.jpg
勧められるままに、ベジタブル、ポーク、イノシシの三つ注文コークは無いのでやはり勧められたイタリアンコーラを一緒に。
個人的にはポークが好み、肉たっぷりで美味しい、イノシシは期待したほどイノシシらしく無くトマトソースで少しパンが緩む。
今迄の店とはパンの出来がが少し違う様な気がする美味しい、来てよかった。
    CIMG1940.jpg
  CIMG1937.jpg
  CIMG1938.jpg
  CIMG1939.jpg
  CIMG1935.jpg
  
C2で帰るつもりだったが適当に来たバスで帰るが無事駅の脇に。
もし行くなら中央駅からC2を使えば終点から数駅前の停留所です。

夕飯にまだ間があるので近所でドルッチェ持ち帰り、現物は知らないがナポリのシロップ付けの菓子みたい、たっぷりのリキュールの味が大きい方で3ユーロ位
  CIMG1951.jpg

夕飯の後に20年以上前にこの近所のペンシオーネに泊まった事が有るので探してみる。
金属の枠で囲われた大昔のフランス映画に出てくる様なエレベーターを頼りに何軒か覗き込むと名前は違うがその特徴あるエレベーターはそのままに建物は存在してました。
名前は異なりペンシオーネではなく一つ星のホテルのようです。
  CIMG1954.jpg

懐かしい!若かった頃の背中の大きめのリュックの重みが蘇ります、今とは疲れが違う。

  誰の為の灰皿なんでしょうね
  CIMG1933.jpg
 
  よく見る光景、鳩とスズメがつるんでいます
  CIMG1950.jpg

  珍しいタバコの自販機です
  CIMG1952.jpg


明日はロンドンに飛ぶので荷物の整理、LCCなので荷物の数と重量にシビアーだそうです、チェックインはネットで済ましておきました。


nice!(0) 
2013.5月イタリア ドライブ ブログトップ