So-net無料ブログ作成

10月20日上高地まで

何かと雑用でだいぶ経ってしまいましたが
10月20、21日上高地に行ってきました

週間天気予報を睨んで日にちを決定、毎度のことですが

予約の取りにくいと評判の上高地TホテルのHPを覗いてみると
部屋は道路側ですが何部屋か空いていました
夕食も予約したいので、念のため電話をしてみる
幸いどちらもOKでした

いつもより早起きして8時に東京を出発
松本を降りたところで昼食を取ることに
沢渡で車を駐車場に預け料金は一泊二日分取られました
此処からシャトルバスでホテルの前のバス停まで
二人で往復4200円也です

バス停からホテルまでかなりの急坂です
帰りは登り坂ですから荷物を持ってかなりきつそう
CIMG3201.jpg

チェックインで未練がましく
再度焼岳側のベランダ付の部屋の空きを聞いたがやはり
キャンセルはないとのこと

日の入りまであまり時間がないので
ホテルから桂川を渡りウエストン卿の碑を見て
河童橋を渡りホテルまで一周してみた
老体で約2時間ぐらい

kamikouchiMap.png
野生の猿が群れをなしていた
CIMG3142.jpg
CIMG3145.jpg

川沿いに歩く
SDIM0607.jpg
SDIM0613.jpg
SDIM0611.jpg

ウエストン碑方面に
CIMG3147.jpg
SDIM0617.jpg
SDIM0618.jpg
河童橋に到着
SDIM0623.jpg
SDIM0625.jpg

慌ただしいが夕食が予約5時半なので
部屋に戻る
部屋の中はこんな感じ
CIMG3164.jpg
CIMG3165.jpg

HPではディナーではジャケット云々書かれていましたが
スタッフに聞くとセーター等でもOKだそうです

今夜の食事です、洋食を選択しました
CIMG3167.jpg
       CIMG3173.jpg

CIMG3168.jpg
CIMG3169.jpg
CIMG3170.jpg
CIMG3171.jpg
CIMG3172.JPG
デザート
CIMG3174.jpg

脂ぎってなく美味しかった

大浴場はないので、少し残念
桂川の対岸の方で温泉が出るそうです
ホテル創設の頃の技術では掘削が困難だったそうです

明日は明神池まで足を伸ばし帰路につく予定です
早めに就眠




nice!(6) 
共通テーマ:旅行

10月21日 上高地 奈良井宿

旅行中にしては珍しく
6時に起床
寝るのが早かったのでそんなに眠くはない

7時予約の朝食に
和食を選択
これで一応3200円
CIMG3177.jpg
高いか安いか?

一応チェックアウトを済まし
荷物を預かってもらい
明神池迄散策
慣れ無いトレッキング擬で
往復3時間強でした

ホテルからバスターミナルまでわずか一駅ですが
バスを待つことに

河童橋からは川の右岸を進む

すぐにキャンプ場を抜ける
あまり雰囲気のない道が終わると
やや整備された道を行く
左に川が見えてくると開けた所では

SDIM0632.jpg
明神岳がよく見えて
景色抜群

食堂のある分岐点明神で一服
       SDIM0634.jpg
トイレは全般に100円の寄付です
SDIM0637.jpg
明神橋を渡りしばらくして右に折れると
明神池の方面です
SDIM0639.jpg
岩魚が名物の山小屋風の食堂
今回はパス

神社に参拝し左の入り口から料金を払って池の方に
SDIM0641.jpg
       SDIM0643.jpg
SDIM0648.jpg

左脇のニノ池も雰囲気があり綺麗
SDIM0645.jpg
SDIM0647.jpg

帰りは梓川を左に見ながら帰路に
こちらは遊歩道も整備され歩きやすい
歩行者のすれ違い多い
年輩者同士は『こんにちは』など
定番の挨拶を交わすが
若者はイマイチ反応がない
外国の旅行者も多い
岩の上の僅かな土に赤く染まったカエデが
       SDIM0650.jpg
右手から梓川に綺麗なせせらぎが
SDIM0651.jpg
SDIM0653.jpg
河童橋にたどり着く
SDIM0658.jpg
バスターミナルから又ホテルまで一駅乗る

荷物を受け取りシャトルバスで沢度の駐車場まで
このバス、ボデイ下部の荷物入れがないので
混んだ車内まで荷物を持ち込む羽目に、気を使う
さらに補助椅子は不便

帰路につく
帰りはダムの橋を右に折れ
帰り道やや遠回りだが木曽奈良井宿に
       naraiap.png
街に近くなると大型バスが止まれる有料駐車場もあるのですが
無視して先に進む

先ずは“木曽の大橋”
SDIM0659.jpg
木曽ヒノキで造られたもので、アーチ型の橋脚です
太鼓橋のようで上がるには結構大変
SDIM0660.jpg
駐車場はすぐ脇

奈良井宿の町並みを散策に行きたいのだが
この先の道の駅近くの無料駐車場に
komichi.png
しかし街に行くには脇の中央本線を跨がないと行け無いのですが?
道の駅のショップの脇に小道がありカフェ深山さんのそばに
ガードがあり線路の下を通り抜けることができました
CIMG3204.jpg
CIMG3205.jpg

古い町並みが保存されていますSDIM0663.jpg
昭和の雰囲気も
SDIM0665.jpg
維持するのは大変だろうな

木造の廂も凝った作りです
SDIM0667.jpg
本陣跡の周辺は道幅も広く時代劇のセットのようです
SDIM0669.jpg
SDIM0672.jpg
昔懐かしいい火の見 やぐらも健在みたいです
SDIM0673.jpg
山側の道の脇には幾つも湧き水があり、実際に住民の方が利用されているようです
SDIM0664.jpg
SDIM0666.jpg
SDIM0670.jpg

こちらで遅い昼食
SDIM0674.jpg
CIMG3207.jpg

店を出る頃にはお店もバタバタ終い始めてしまいました

旧中山道の杉並み木も見たかったのですが
遅くなるので帰路に

上高地の散策で足にダメージが
日々もう少し時間を割いて歩かねば!




nice!(9) 
共通テーマ:旅行

GPS内臓カメラ

出かける時は大抵メモ代わりに
カシオEXH20Gを持ち歩きます
残念ながら現在販売されていませんが
GPS内蔵なので
似たような景色の撮影場所の確認に便利です

カシオEXH20Gのホルダーを開くと
KMLフォルダーが存在しており
kml.png
その中のデーターを
Google Earthで開くことになるのですが
以外と開くのに時間がかかったり重くて
使い心地が良くない

今回気が付いたのは
このJpegデーターを
jpeg.png
MacOS標準のアプリ・プレビューで開き
ツールから
インスペクターを開き
GPSのタブを開くと

gps.png

位置情報が表示されなおかつ
下にMapが表示され

prview.png

さらに
“マップで表示”をクリックすると
別途MacのMapアプリで表示される

map.png

これはちょっと確認するのに大変便利

最近なって始めて知ったというわけです
お粗末





nice!(12) 
共通テーマ:旅行